かさぶたは剥いても早くは治らない。。。


KANです卍

 

タトゥーの施術後に必ず

やっていただきたいことがあります。

アフターケア。。。

初めて彫る方にとって、

色の付いたかさぶたなんて初めての体験。

かさぶたなんて放っときゃ治るもの。

普段から綺麗に治そうなんて意識を

持っている方は多くないかと思います。

 

アフターケアひとつで

綺麗にも汚くにも仕上がってしまうのが

タトゥーでして、

今日は一つのポイントに絞って

お話しさせていただきます^^

 

 

 

こちら施術後6日めのタトゥー↓

 

タトゥーのかさぶた

個人差はありますが、

通常1週間から10日前後で綺麗に治る。

上の画像は薄いカサブタが6割くらい取れてきて、

あと2〜3日でひとまず完成という感じですね。

この頃、心の中のもう一人の自分が囁き始めます。

「風呂入ったらさ、ポロポロ取れてくんじゃん?

別に血も出てこないしさ、

いっそのこと、こすって取っちゃえば?」

 

 

かさぶたは表皮や皮下細胞が

新たに再生されれば、

その役目を終えるのですが、

新しい皮膚が出来ていないうちは

必ず外部からの刺激を防御しようとします。

そうするとどうなるかと言いますと。。。

 

↓ハイ、薄皮が張りました。

 

タトゥーのかさぶた、薄皮

白っぽくて少し固めの皮膚。

水に濡らすと見えにくいのですが、

皮膚が乾いた状態だとよくわかりますね。

これはこすっても取れませんし、

見た目も悪いです。。。

治る日数も若干延びまして、

経験から申しますと完治するのも遅れます。

ただ治ってしまえば

その仕上がりに変わりはありません。

 

 

かさぶたは無理に剥かない。

 

どこのスタジオでも

アフターケアの説明はあるかと思いますが、

これはタトゥーを綺麗に治す鉄則です☆

ぜひ守っていただければと思いますm(_ _)m

 

 

 

ストローカーブログでは

初めて彫る方への様々なアドバイスを

一つのカテゴリーにまとめてあります。

>> こちら

合わせて参考にしていただければと思います。

 

 

 

 

 


No Comments

Post a Comment

CAPTCHA