ちひろの独り言


ちひろです。

 

ここ最近は、パタパタとしておりまして。

描いて彫って、打ち合わせをして、

はじめまして!とお久しぶりです!のご挨拶。

 

たまたまですが、今月は6,7年ぶりに

お越しいただく方が多かったです(^^)

 

何年経っても、また訪ねていただける事。

数あるスタジオから選んでいただけた事。

 

とても嬉しく思っております。

 

 

話は変わりまして、

先日、少し落ち込む事がありました(^^;)

 

左側は、私が2014年2月に描いた下絵です。

お客さんのイメージをお聞きして

描き上げたものです。

 

000

 

髪型、服装、クロスの質感、数字、文字,,,。

天使と悪魔に入ったtattooの位置なども、

明確になるまで、相談しながら描いてゆきました。

 

その後、施術予約キャンセルが2回程入った後、

連絡が取れなくなってしまいました。

 

そして先日、雑誌を見ていましたら、

その下絵が、右側の写真のように、

他店のtattooとして仕上がったものが

掲載されておりました。

 

下絵はお客さんにしか

お見せした事がないので、

その担当された彫師さんが

そのまま彫ったのではないかと考えました。

 

まず先に、こちらの絵を彫った方の

名誉のためにも言っておきたいのですが、

お客さんが持ち込みされた絵の場合、

それが彫師による下絵でない場合については、

そのまま忠実に仕上げる事も少なくありません。

 

おそらくお客さんは彫師の下絵ということを

告げずに持ち込んだのかもしれません。

 

彫師は、彫っている時間の何倍もの

時間をかけて絵を描いております。

 

どの彫師も皆そうだと思うのですが、

頭を悩ませて描いた絵は、

分身のようなもの。

 

その気持ちをほんの少しでも、

理解していただければと思います。

 

当初、下絵をとても気に入って

いただいていただけに、少々凹みつつ、

自分に何らかの不備があったのだと、

改めて反省する部分もあります…。

 

めげずに、もっと満足してもらえるように、

下絵を描いてゆこうと、改めて思いました!

 

美味しいビール呑んで!

切り替えて!

 

また、一生懸命描いてゆきますので

よろしくお願いいたします(‘へ’)>

 


2 Comments
  • W夫婦の夫

    こんにちは
    お久しぶりです

    どんな時でもどんな事でも
    まず自らに指をさす
    いつもこのようなブログを読むと本当に
    ストローカーの方は
    ストローカーイズムは素晴らしいと
    思います。

    ただねぇ・・・これは違うよ・・・
    刺青好きには刺青好きの
    (彫られるほう)タブーとルールが
    あって然るべき!
    他の彫師さんに書いてもらった下絵を
    他店に持ち込んで彫る・・・
    どうせ友達が書いた~とか言ったんだろうけど・・・同じ刺青好きとして
    完全にルール違反・・・
    こういうのは悲しいね・・・

    気を落とさず頑張って下さいね
    そろそろまた許可がおりそう(笑)なんで
    また行きます。
    カンさんにもヨロシクです。

    2016年7月12日 at 15:31

Post a Comment

CAPTCHA