パンツ一丁マントマン。。。

パンツ一丁マントマン。。。

KANです。
今日は本で見つけたtattoor歴史のお話。
そもそも、西洋のタトゥーはどうやって人々に広まったのか?
注目を浴び始めたのは1820年代、
イギリスのサーカスだそうです。
火を飲む込む男などと並び、illustrated peopleとして
サーカスのサイドショーに登場したそう。
身体に絵を描いた男という”見せ物”ということでしょうか(汗)
$ストローカータトゥーの舞台裏
サーカスの広告「タトゥーワンダー(驚きのタトゥー)」
マントの下はパンツ一丁。そして全身タトゥー。
これには人々も驚きますな。。。ヽ(゜▽、゜)ノ
その後アメリカに渡り、1800年代半ばには鉄道網の整備に伴い、
サーカスアトラクションと彫師たちがアメリカ各地へ
広がっていったといいます。
彫師はサーカス一座と共に旅をしながら
タトゥーを彫るという生活だったというワケですね。
$ストローカータトゥーの舞台裏
学園祭のテントのようですが、当時のサーカスの様子です。
アメリカでタトゥーマンとして最初に見せ物となった人は、
James F O’Connell(ジェームス・オーコネル)という人物。
1841年のこと。
1820~30年代ミクロネシアに旅行した際に彫った
ポリネシアン柄のタトゥーを見せて働いていたそうです。
サーカスとタトゥーの意外な関係。。。
面白いです。
参考にした本はこちら↓
$ストローカータトゥーの舞台裏
全部英語なので、なかなか理解できませんが(笑)
興味深いことが書いてありますので、
また機会をみてご紹介したいと思っています。
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
明日29日(土)は新規の方の当日施術が可能です☆
ご来店お待ちしております(_ _)

10 Comments
  • SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    教科書に載っていない歴史って面白いですよね。
    tattooをじろじろ見てしまう心理というのも、
    まんざら否定出来ないのかもしれません。。。(笑)

    2010年5月30日 at 11:48
  • kita

    SECRET: 0
    PASS:
    サーカスとタトゥーの関係…
    いやいや、勉強させていただきました(^_^)v
    見せ物だったんですねぇ…
    見せ物といえば昔、新宿の花園神社では首だけで生きている犬や人面犬(顔は禿げたおじさん、モチ眼鏡着用)等、苦笑してしまうモノでした(・ω・)/

    2010年5月30日 at 10:43
  • SECRET: 0
    PASS:
    タトゥーマシンの特許を最初に取ったのが1891年ですが、
    その前からマシンはあったようです。
    1920~30年代だと手彫りかな。
    ジジ。。。ジジぃ。。。?
    ハイ、知りませんでした(笑)

    2010年5月29日 at 12:54
  • SECRET: 0
    PASS:
    世界中に、それぞれのタトゥー文化はあったかと思いますが、アメリカでの広まりはこうだったようですね。
    見せ物って、ちょっと複雑な気持ちです。。。(笑)

    2010年5月29日 at 12:50
  • SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして☆
    KSK兄さんの鳥、綺麗にですね=!
    ブログ拝見しました(_ _)
    また色々とご紹介してゆきますので、
    今後ともよろしくお願いいたします(_ _)

    2010年5月29日 at 12:22
  • ハヤシ

    SECRET: 0
    PASS:
    サーカスから、広まって行ったんですね!!w(゚o゚)w
    ショーの一部でTATTOOを見せていたなんて、余程珍しかったんですね(^^)d
    でも、それが今では一般の人がフツーにする様になるなんて、海外の方の感性って素敵ですねv(^o^)
    海外では、昔から生活の一部にTATTOOがあると思っていました(^^;
    大変興味深い話を、ありがとうございますm(_ _)m

    2010年5月29日 at 11:08
  • SECRET: 0
    PASS:
    タトゥーってそんな昔からあったんですね☆
    その頃のタトゥーってどうやって彫ってたんやろ(¨;)
    それにサーカスの広告でもあったんすね♪
    マントの下は…笑
    そういやちひろさんが言うてましたけどKANさん『ジジ』知らなかったんですか(>_<)??

    2010年5月29日 at 01:50
  • SECRET: 0
    PASS:
    初めまして!
    海外のタトゥーにそんな歴史があったとは!面白いですね~
    タトゥー関連の知識は本当に興味深いです☆
    知識を得ると自分にいれたものもますます好きになれますよね!

    2010年5月29日 at 00:19
  • SECRET: 0
    PASS:
    彫る姿だとしたら、もっと衝撃的なのかもしれません(汗)
    全身タトゥーの人を好奇の目で見る。。。
    なかなか複雑な時代だったのでしょうね。

    2010年5月28日 at 22:19
  • SECRET: 0
    PASS:
    へぇ~~~~~~~~~~~∑(-x-;)
    サーカスと彫師・・・・不思議な組み合わせ。
    でも「パフォマンス」としたら
    同じくらいの「魅力」を生み出せるのも同士なのかも。

    2010年5月28日 at 21:07

Post a Comment

CAPTCHA