カエルのリアリスティックタトゥー


キョウヘイです。

皆さんご存知かもしれませんが、

本日の話題としてはまずはこちらから。

 

 

 

 

 

2015年より

大阪地裁にて争われていた、

「タトゥーは医療か否か」

の裁判。

 

2018年11月14日の本日、

大阪高裁により

最終的に刺青に医療性はないと

無罪判決が下されたそうです。

_____

ひとまず作品紹介に移りましょう◎

 

以前。

手首にこちらのタトゥーを進めたお客さん。

出目金 金魚

以前までは、

モチーフをお持ちいただき、

細かい配置や、デザインの絵柄は、

気持ちの良いほどお任せいただいておりました◎

 

今回のリクエストは、

カエル。

 

お話を進める中で気になったキーワードが、

「肩を埋めていきたいです。」

の一言。

 

普段はお客さんの好みや、

普段の生活の中での見え方などを、

加味しながら提案してくのですが、

 

ワンポイントでは、

今後まとまりにくそうですが、

ブラックアンドグレーでは、

イメージが違う。。。

 

カラーで肩一面。

 

どうしても思い浮かんでしまった形。

最終的なデザインはまだまだ未定なのですが、

「肩にガッツリとカラーで、

自然モチーフはどうでしょう?」

と、こちらからの提案。

 

日本ではまだまだ、

タトゥーへの制限も多く、

馴染みも少ないですが、

カラーリアリスティックは、

海外では人気のスタイル。

 

正直気に入っていただけるかは、

冒険でした。

 

他の案も提案しながら、

お待ちいただいた時間も含め、

1時間以上、

慎重に打ち合わせを。

 

「カエルは好きなので、できるだけリアルがいいです。」

 

とおっしゃっていただきました◎

カエル リアリスティックタトゥ

一度やって見たかったカラーリアリスティック。

水彩やトラッドとは違った、

逃げ場なしの写実的な表現。

 

慎重に一色一色を混ぜ合わせながら、

描いていきました◎

 

ここ最近、

「今後彫師として、どういった絵柄を得意としていくのか」

「自分の刺青以外のバックボーンは何か?」

といったことを考えていたりもしたのですが、

 

ストローカーへ来た当初

「カラーのタトゥーをきちんと彫れるようになりたい」

と、思っていたこと。

 

なんとなくですが、

自分の中で一つ確実な何かが見えた気がします。

 

哺乳類、鳥類、両生類、爬虫類、昆虫など◎

 

自然、動物のカラーリアリスティックのリクエスト、

ぜひ、お待ちしております。

 

_____

さて、冒頭のお話。

 

以前(2010年頃)

厚生労働省に個人的に問い合わせた際は

 

「医師法に照らし合わせると

刺青業は違法ではあるが

“医師法ができる前から存在する文化なので、一概に医師法に照らし合わせることは出来ない”」

といった旨の回答を

いただいたこともあり、

今回の結果も

「違法であるが黙認状態」

と、

具体的に

なにかが変わることはないだろうな。

という感覚でしたので、

まさに明るい報せという気分です。

 

今後の動きに注目しつつ、

情報を発信しながら、

より一層の良い仕事を、

続けていきたいと思いました◎


No Comments

Post a Comment

CAPTCHA