町田スタジオ彫師見習い募集中◎


キョウヘイです。

 

本日は作品ブログではなく、

彫り師見習い募集ブログ。

 

画像少なめ、乱文です。

どうかお覚悟のほどを。

13680984_1255672374464705_5021143911809118866_n

ただいまストローカーでは彫師見習いを募集中です。

 

どんな人を求めているか。

は、

わかりやすくKANさんがまとめてくれているので、

過去の記事を含めこちら

を、ご参考いただきたいです。

_______

さて、どんな人と働きたいか。

 

彫り師になるとして、

ものすごくシンプルに、

一つだけ求めるとすると、

 

「会話のキャッチボールが出来る人。」

 

相手がいて、自分がいて。

 

テンプレートな返事でなく、

言ったことを素直に受け止めて、

きちんと返してくれる人がいいかな。

 

と。

 

逆にいうとこれさえ出来てさえいれば、

こちらも教えることが出来る。

 

自分自身、

これがなかなか出来ていなかった気がします。

まだまだ勉強中です。

 

「これ、やっておいて」

というボールに、

「でも自分は先にこっちやりたいしな。」

と的外れな暴投で返したり。

 

「ここ、こうしたら?」

というボールに

「いや、自分は出来てると思います」

と、取りようのない遠投で返したり。

 

いや、

この例だとそもそもボールを返してないですね笑

 

返せてるつもりになっていたんです。

当時は。

 

ものすごく基本的で当たり前ですけど、

お客さんの立場に立った時、

一番重要な要素でもあると思います。

IMG_4563

「この絵を彫りたいんですけど」

に対して、

「いや、この絵は彫れませんよ」

じゃ大暴投。

 

「タトゥーとしてより良く仕上げましょう」

でボールをキャッチ。

 

サイズや部位に合わせて、

「どう変えていきましょう?」

 

が返し。

もちろん相手が受け取りやすい返答で。

 

口頭で説明してもいいし、

参考作品を見せてもいいし、

直接描いて提案するも良し。

 

最初はもちろん、

彫る以前のことを言います。

 

でもキャッチボールなので、

あなたから投げてきてくれても、

もちろんいいんです。

 

そうしたらこちらも返せる。

あまり受け身になりすぎず、

お互いに成長していくことが出来ると思います。

kannban

それでも最初はまず彫れるようになりたい。

と思うのはすごくわかります。

 

簡単に道具が揃う今の時代。

 

自分も初めは自宅を作業場として道具を揃え、

安さをウリにして、

友人や先輩後輩相手に彫っていた時期がありました。

 

当初は絵が描けていると思ったし、

それなりに彫れている気でいました。

 

でも今思い返すと、

 

蚊の鳴くような音のマシンで、

針先2mmくらい出して彫ってたかな。。。

 

そもそも針もマシンも使い分けなんてしてなかった。

 

お客さんにもすごい姿勢してもらって彫ってたな。

 

描けてたつもりの絵も、

龍の鱗は反対向き。。。

 

恥ずかしいことがたくさんありすぎます。

 

刺青のことを知らない友達相手に、

刺青のことを知らない自分が彫っていたのだから、

気づけることなんてあるわけもなく。

 

「彫師です」

とは名乗れないし、

見習いでも修行でもないので、

「彫師目指し中です!」

と言ってた。

 

途中からは下手なものを彫っているという、

自覚と後ろめたさもあったと思う。

 

独学でもうまくなる人はいるというけど、

自分は間違いなくそうでなかった。

hibiscus

彫る前の段階で学ぶものってすごく大きいです。

 

語弊を恐れずにいうと、

居心地の悪い思いをしているお客さんに彫るというのも、

実は彫る側も居心地が悪い。

 

すごーくざっくりでいうと、

 

腰が痛くてじっとできないお客さんの、

腰に一枚タオルを敷いてあげるだけで、

じっとしていることが楽になったり。

(お客さんの楽な姿勢というものは、

実際に彫りやすい姿勢でもあります)

 

もちろんいけ好かない相手に肌を預けたくはない。

そういった意味での礼儀や気遣いも教えることはあります。

 

技術に関してまだまだ大きなことは言えませんが、

お客さんを彫らせてもらっている責任として、

 

下手ではない。ということ。

 

そして、

モチベーションと負けず嫌いだけは持っている、

彫り師目指し中の人に、

ストローカーのいろはを教えることの出来る、

自信はあります。

 

我こそは。

 

の声。お待ちしております。

_________

詳細につきましてはこちらから

 

直接お話を聞きたい方はお電話で◎

町田スタジオ→042-721-3177


No Comments

Post a Comment

CAPTCHA