彫師SHUNによる個人情報漏洩について


KANです。

 

ブログでご報告すべきか悩んだのですが、

一般常識/モラルに欠けた行動が

明らかになってきましたので、

今回ご報告させていただくことにしました。

 

 

一足先にTwitterにてご報告させていただいた内容です。

_________________________

【彫師Shunについて】

昨年夏頃より病気による体調不良(鬱)のため

休職したいとの希望が本人からあり、

2019年10月より療養休暇をいただいております。

本人曰くドクターストップとのことで

復帰未定での休職ですが、

2019年9月末(休職前)から

一部のお客様に対する不適切な営業行為が

発覚いたしました。

現在ストローカーでは

彼の復帰のため人員及び彫り場の確保、

お客様には彫師の変更または復帰を

お待ち頂いている状態です。

上記を踏まえ、

お客様への個人的な引き抜き営業行為、

個人作業場への誘導は

当スタジオのお客様への信頼を欠く行為

であると考えております。

現在慎重に対応を進めておりますが、

もしフォロワー様の中で

同様のDMを受け取った方などいらっしゃいましたら、

ご一報くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

_________________________

 

 

 

ストローカーは法人格の組織になりまして、

彼は正社員として活動させていただいております。

休職とは業務を行うことができない事情が生じたとき、

雇用契約は維持したまま休んでいいですよというもの。

つまりは

「個人都合で会社を長期的に休むこと」でして、

退職とは違います。

 

休職の理由は適応障害(鬱)とのこと。

ですが、休職前の9月末ごろから

Shunがお客様へ個人情報保護の枠を

超えたメールを送っていたことが発覚しました。

 

ストローカーのお客様たちに

自宅への誘導および営業メッセージを

個人的な事と承知していながら送っていたということです。

 

lineやインスタグラムなどのメッセージを

ビジネスに使うようになったこともあり、

お客様とのやりとりには細心の注意が必要です。

女性客の個人情報をを元に

lineでナンパした美容師も問題になりました。

 

 

彫師SHUN,嶺脇瞬1

 

休職した場合、収入が途絶えることになります。

そのため国のセーフティネットとして

国民の税金で支払われる休業補償給付や

傷病手当金という制度があります。

彼はそれも申請しているため、驚きました。

 

 

 

自分をはじめ彫師たちも

「調子が悪いのなら…」と彼の要望を理解し、

最大限に優先しました。

彫師が一人不在ということで

お客様に迷惑がかからないようにと

ありとあらゆる穴埋めをしながら、

休職からの復帰を待っていた最中の出来事です。

 

 

休職に入り2週間経った10月中旬には、

取引のあるタトゥー用品ショップにも

個人的な発注を行ない、

このようなメッセージを再度送っていたことも判明。

 

彫師SHUN,嶺脇瞬2

 

 

個人情報を使用させていただく場合は

・カルテによる施術履歴の照会

・お問合せの返信

・緊急時の連絡となっております。

個人的なメッセージを送ること、

郵便物を送付すること等、

一切してはいけないことを

ストローカー彫師は熟知しています。

個人情報の取り扱いについては

ブログにて公開しております。

 

 

 

彼の自宅を訪問したのですが、

エアコンは動き、バイクも止まっているのに出てこない。

もちろん彼にも上記画像を送り、

真意と事実確認を試みました。

 

・友人や親しい知人にのみ無償で彫っているので不正ではない。

・調子が悪くても慕ってくれる人への最大限の配慮だ。

とのことでした。

 

 

具体的な行動が明らかになってしまったからなのか、

SNSアカウントに鍵をかけ、

その後返答もないという現在の状況に

困り果てています。

 

 

 

まずは彼の復帰を信じてお待ちいただいている方、

彫師として信頼していただいていた方に

心からお詫び申し上げなければなりません。

また個人的な事由でメッセージが送られたこと、

スタジオと彫師に不信感を抱かせてしまったこと、

事情がわからず困惑されている方も多いかと思います。

この点につきましても大変申し訳なく思っております。

誠に申し訳ございませんでした。

 

自分の管理不徹底、

そして彫師としてあるべき姿勢の伝え方に

間違いがあったのであろうと

深く反省をしているところであります。

 

 

ですが、、、

社会人としてやって良いこと、悪いこと、

彫師としての信頼を損なう行為や

モラルの欠如した行動は

改めてもらわなければなりません。

 

 

 

このようなことをお願いをしなければいけないのは

お恥ずかしい限りなのですが、

 

上記のようなのメッセージを受け取った方は

お手数をおかけいたしますが、

下記へご一報いただけますようお願い申し上げます。

 

Twitter: stroker@KAN

instagram: kan_stroker

メール:info@stroker.jp

 

 

鬱、適応障害での労災休業補償申請についても

労働基準監督署へ資料を提出し、

本人の言い分と実態を

今後精査してゆくことになると思います。

すべてが解決した時点で

あたらめてホームページにてご報告させていただきます。

 

 

 

以上、現状のご報告そして

お客様へのお願いをしましたが、

せっかくですので自分KANの思いや見解も

書かせていただければと思います。

 

・休職社員のまま自宅で彫り場を設け、

労災給付申請して彫り賃いただくってどうなの?

 

・自分の生活を安定させるために

今まで世話になったスタジオに後足で砂をかけ、

お客さんまでも巻き込むってアリかい?

 

・自分の足で一から立ち上がる気がないなら、

そんな彫師人生、肌を預けてくれる人に失礼。

 

要約すると以上でございますm(_ _)m

 

 

 

読んでいて不愉快になるご報告ブログになり、

心から申し訳なく思っておりますが、

彼を信じて待っている彫師たちも

モヤモヤが残ったままですし、

うやむやにするのはもう限界という思いから

今回、公にさせていただいた次第です。

 

 

 

(追記)すべて資料が揃いました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 


No Comments

Post a Comment

CAPTCHA