アメリカのタトゥーマガジン

アメリカのタトゥーマガジン


KANです。
昨日のお客さんからのプレゼント。
tattoo magazine最新号 と1$コイン。

住まいのあるフロリダから戻ってこられると、
いつも彫りにきてくれる方。
MIHOさん、ありがとうございま~す(_ _)
1ドルコインは日常的に使われてないですもんね。
ラスベガスのカジノくらいなものかな?普通に使われているのは。

せっかくなので、雑誌の中身をご紹介。
ビニールパッケージされていますが、
昔のビニ本とは違いますので、念のため。。。( ̄_ ̄ i)
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

何なんでしょう,,,この広背筋。ボディビルダーだそうです。
背中のキリストはトータル55時間かかったとか。
日本人の背中面積の1.5倍はあるでしょうね(汗)
この背筋ならではのデザインだな==。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

筋彫り(アウトライン)のないtattooばかりの彼女。
水彩画のようなフェミニンなイメージのtattoo…
などなどと書いてます。
6年かけて付け足ししていったようですね。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

個人的に気に入った不敵な笑顔のおじさん(* ̄Oノ ̄*)
1st tattooを彫ったのは、31歳の時だそうです。
日本の刺青本の総身彫り(full japanese bodysuitと訳してた)を
見てしまったのが大きな転機。
腕の虎だけだったのが、ここまで彫ってしまったらしいです。
背中にも不動明王が。
ここまでで計300時間。6年間毎週彫りに行っていたそう…
この笑顔、伊達じゃあありません(汗)
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
アメリカのtattoo雑誌は人にスポットを当てた記事が多いですね。
英語がきちんとわかれば楽しいのでしょうが、なかなか単語がね…
難しいです。
以上、アメリカのタトゥー雑誌、ご紹介しました。
MIHOさん、ホントにありがとうです(_ _)
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*


2 Comments
  • SECRET: 0
    PASS:
    背中の不動明王はかなり日本風で渋かったですよ。
    雑誌の次ページに出てました。
    やっぱり日本の伝統的な刺青は素晴らしいです(^ ^)

    2007年10月22日 at 12:02
  • SECRET: 0
    PASS:
    背中にあるの見るとぞくぞくします。日本男児って感じ。アメリカ人にもわかるんですね。感動^^。

    2007年10月21日 at 21:49

Post a Comment

CAPTCHA