彫師紹介ブログ


 

 

前回のブログの最後でも書かせて頂きましたが、

STROKERに来てから気がつけば1年が過ぎていました。

まだ、たったの1年ですが振り返れば長いような、

短いようなという

月並みな感想になってしまいますが、

ここ1年の濃さを肌身に感じています。

 

そんな本日から数回に分けて、

自分目線から感じるSTROKERの彫師について書かせて頂きます。

 

個人的な考えになってしまいますが、

1年一緒に過ごしてきて感じた事を綴っていきますので、

常連のお客さんにとっては新たな一面に思えるかもしれませんし、

ご新規のお客さんには、

これを機に少しでもSTROKER の彫師の事、

知ってもらえれば幸いです。

 

自分は横浜店に在籍しておりますので、

まずは横浜店在籍の彫師から紹介していきます。

 

初回はTSUBASA君について自分目線で書かせていただきます。

 

横浜店のリーダーです。

自分のほうが2つ歳を重ねているのですが、

年下とは思えない程に、

物事を冷静に判断できる柔軟性と余裕を感じます。

なので、初めて感じた印象は

お客さんの打ち合わせ時、

実に的確な助言をするなと感じました。

それに選ぶ言葉が丁寧で綺麗です。

情報を咀嚼していち早く吸収できるポテンシャルには嫉妬します。笑

 

描く絵はどれも線が力強く、

ぼかしやカラーはバキッと入れつつも柔らかい印象で線との調和具合が絶妙です。

絵の構図にもセンスが垣間見えます。

先輩彫師の中では一番自分好みのタッチで作品を仕上げていくので、

よく下絵を盗み見て参考にしています。

 

写真は下絵作成中のところをスナップ!

 

写真 2016-07-23 16 41 39

 

TUSBASA君のブースに入った時は壁に貼ってはる下絵は要チェックです(^-^)

 

もう一つの写真は自分のお気に入りの一枚

見習いの時に彫ってもらった時の思い出の一枚。

 

写真 2016-07-23 19 15 22

 

恥ずかしいくらいに互いに真剣な眼差しですが、

マシンの扱い方や転写の仕方など、

この時に学ばせてもらったことは今に活きてるなと強く思います。

 

自分も嗜む程度にスケートをやるので、

サブカル的な共通点や共通の知り合いもいたりで

先輩でありながら友達のようなそんな感覚です(^-^)

 


No Comments

Post a Comment

CAPTCHA