発明王はタトゥーの父

発明王はタトゥーの父

KANです。
今日はtattooマシンの歴史について。
この機械の原理、一体誰がいつ考えたのでしょうか?
「天才とは1 %のひらめきと 99%の汗である」と言った、あの発明王。
トーマス・エジソンだそうです!

←コレ、
1877年の特許の図面。
とは言っても、本来の目的は
ステンシルペンといって
彫刻をするマシンだったそう。
小学生の頃、
誕生日に親父が買ってきた
エジソン偉人伝の本。
電球なんか発明してすごい人
なんだなあ。。。と思った覚えはあるけど、
入れ墨の機械のことは書いてなかったぞぉ(  ̄っ ̄)情報操作か…?
この発明の方が自分にとっては感慨深い(* ̄Oノ ̄*)。
その構造を元に、タトゥーマシンとして特許をとったのが、
サミュエル・オライリーという彫師。
1891年のことだそうです。
電磁コイルを利用して、針を上下に動かす仕組み自体は
現在も大きな変化はありません。
パツと見、無骨でシンプルな構造なのですが、
実に奥深い。
肌に負担のないよう、セッティングするのは
簡単ではないのでね。
tattooマシンの生みの親であるエジソンさん、
あんたは素晴らしい(^_^)☆
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

No Comments

Post a Comment

CAPTCHA