彫師の人生part6(独立編)

彫師の人生part6(独立編)


KANです。
Part5のつづきです。
こうして2003年、ストローカータトゥーが誕生することになります。
こつこつ貯金するタイプではなく、すべて飲んでしまう。性格(笑)でしたので、まとまった金も当然ありません。

仕方がない!愛車ハーレーをちらり…
そして売られてしまったハーレー君(涙)→
塗装にピンスト、革シート…せこせこ自分で仕上げた愛着のある彼ですが、ゴメン(汗)
無事契約を済ませ、さて店づくり。
古着屋の時から内装は自分で…が鉄則で、これが楽しい!自分にとっては、これもイメージを形にするデザイン作業なのです。
今は2階にあるスタジオですが、初めは1階で、前半分レザークラフト(革)ショップ、奥半分がタトゥーブースというスタイル。
※この当時を知っているお客さんとはもう4年以上の付き合いです☆
この先の人生、その全ての責任を自分でとらなければいけないのが、独立。
けじめとして、以前のお客さんも一切引き継がなかったので、将来の保証ももちろんない。
終わりなき戦いです!
でも不安ナシ==☆甘いも苦いも、いろいろ経験してきましたから!ガッツだけはありました。
ブログには書けない失敗のほうがあまりにも多いけどね…(笑)。
幸い、ストローカーを気に入っていただけるお客様がたくさんいらっしゃって、今があります。みなさん、ありがとうございます(_ _)

こんなこともありました。
ホームページを見て、「デザインが気に入ったので…」とのことで電話予約をいただいたお客さん。
当日会って「今までにどこか彫ったことあります?」と尋ねたら、「あります」と手の甲のtattooを指差す。
あれっ、どっかで見た記憶が…。しかもかなり昔。
お互い顔を覚えてなかったのですが、「これ俺が下北沢で彫ったものだね」「えっ、そうですか!」なんて( ̄□ ̄;)!!
不思議な縁を感じた出来事でした☆
翌年、彫場も狭くなってお客さんにも迷惑をかけてましたので、2階が空いたこともあり、引っ越し。
良い仲間にも恵まれ、ここ港北ニュータウン。でじっくりと仕事をさせていただいております(_ _)
6回にわたり、「どうして彫師になったのか」を簡単に書き綴ってみました。
「フン、彫師って意外と普通ね(  ̄っ ̄)
そう思っていただければ、コレ幸い(笑)
気楽にドアを開けてもらえれば、もっとtattooライフが楽しくなるでしょ?
舞台裏ブログ、まだまだ続きます。


2 Comments
  • SECRET: 0
    PASS:
    お恥かしい…(汗)
    かさぶたは無事とれましたか=?
    今後も色々暴露していきますので、お楽しみに☆

    2007年6月19日 at 13:17
  • HITOMI

    SECRET: 0
    PASS:
    彫師になるまでの意外な人生ステップ・・・
    ある意味とても尊敬していますo^ω^o

    2007年6月19日 at 06:46

Post a Comment

CAPTCHA