メールで応募?彫師への道

メールで応募?彫師への道

KANです。
彫師になりたいのですが。。。
そんな電話やメールが時々来ます。(※ありがとうございます)
最近、彫師という職業もやや身近になってきたのでしょう。
募集するスタジオも増えて来ましたし。
今までストローカーにアプローチしていただいた方には、申し訳ない話なのですが、自分はどんな方もまず一度は必ず突っぱねます。
結構あっさりと(笑)。。。なぜか?
意気込みを確かめたいのです。
一生消すことのできないものを、しかも他人様の肌に彫るのに、その意気込みや覚悟をアピールしてほしいのですね。
電話やキーボードをたたいて自宅に居ながら、応募する職業ではないことは確かかなと、自分は思います。
さらりと突っぱねられて、やっぱダメか…じゃ、本当にダメ。
自分の気持ちにゲンコツです。
彫師を目指して前へ進もうとするなら、まず絵を描いてみましょう。
tattoo雑誌の写真の真似でも構いません。
そして自分に問うのは、それが向いている?描くことを楽しめてる?ということ。
ラインとって、色塗って。。。
一日1デザインを1ヶ月。地味です。その間、誰も褒めてくれません。
自分との戦いです。
そしたら自分の気に入った彫師の元へ出かけましょう。
けちょんけちょんに言われます。「うちで働け」と即言われる確率は宝くじ程度かもしれませんが、ここがスタート地点です。
また描き、見てもらう。帰れと言われる。くやしいから描く。。。
理想論かもしれませんが、そんな青臭さって大事です。
「プロ野球選手になりたいのですが…」
「はいじゃあ、キャッチボールしてみましょう」
「やったことありません」じゃあ、
「おまえホントになりてえのかよ(汗)」ってことです。
目標に向かって努力することが、まず最初の一歩。
頑張るヤツが報われる

彫師に限らず、どんな職業でも同じだと思うのですが、どうでしょう?

1 Comment
  • shin

    SECRET: 0
    PASS:
    あっさりと突っぱねる姿が想像できるね ワハハハ

    2007年6月5日 at 10:10

Post a Comment

CAPTCHA