シュンスケ発進◎


KANです。

 

 

本日はご報告ブログ。

 

昨年晩夏にストローカーの門をたたき、

彫師になるべく勉強してきたシュンスケ。

明日11月15日大安をもちまして、

正式に彫師として皆様の前へ

立たせていただくこととなりました。

 

自分の息子と同い年。

若さゆえに

この仕事の深い部分まで話しても

初めはきっと

チンプンカンプン(笑)だろうと思い、

彫師みんなでじっくり焦らず育ててきました。

 

彫師SHUNSUKE@strokertattoo

 

シュンスケへ。

 

見習い中も社会勉強を積むべく、

スタジオ勤務の後朝方までアルバイトへ。

自ら追い込んだことは

これからきっと支えになると思う。

やっとスタート地点、

これからもしっかり追い込め。

 

先輩からの厳しい言葉も

ヘソを曲げず受け入れ吸収できる。

素直で気が利く性格は大きな武器だ。

当たり前と思っているかもしれないけど、

それさえ出来ない大人たちもいる。

 

絵も彫りもたくさん練習をした。

毎日毎日よく描き、よく彫ったな。

温かい声をかけてくれた人たち、

そして肌を貸してくれた人たちには

心から感謝を。

 

彫師SHUNSUKE@strokertattoo

 

歳を重ねて実感しているのですが、

彫師という仕事は

スタジオにこもりがちで

世間との接点が決して多くない職業の

一つだと思います。

ゆえに個人プレーに走りがちで、

成功は自分の手柄、

失敗は自分以外の誰かのせい(笑)、

そんな風に考える者もいました。

 

「彫れればいいじゃん?」

「自分が好きなものを彫りてぇ」と

キャリアを重ねれば重ねるほど

お客さんの気持ちを差し置いてゆくのが

すごく悲しい。

そういう態度や眼は

実はお客さんに伝わっていますから、

もっとタチが悪い。

 

これらを彼にどうわかりやすく伝えるか?

これが一番難しくて、時間をかけた部分。

イズムはきっちり理解させたつもりです。

 

 

彫師SHUNSUKE@strokertattoo

 

自分KANからみて

技術的にも人間的にも

納得のゆく状態ではありますが、

まずは小さなワンポイント、

タッチアップやリメイクなどを

担当させて頂く形となります。

この点につきましては、

後日ブログにて本人よりご案内させていただきます。

 

また「デビューしたら彫ってよ」という

お客さんからのありがたい言葉も

頂いているそうですので、

ご来店またはメールにて

直接本人にリクエストしていただけると

彼の励みにもなるかと思います。

 

 

初心忘れるべからず。。。

実るほど頭を垂れる稲穂かな。。。

 

一生に残るものを肌に刻み、

そして記憶に刻まれるという重みを

ずっしりかみしめながら、

シュンスケをはじめ

彫師一同精進してまいりますので、

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 


No Comments

Post a Comment

CAPTCHA