カバーアップの、さらにカバーアップ


KANです。

 

今日はカバーアップのお話。

バンコクスタジオに来られたこちらのお客さん、

タイ人の方ですが、

「コレをカバーアップしてほしい」とのご要望。

 

カバーアップタトゥー元 鯉

初めに肩甲骨に彫り、

下に鯉を足したついでに、

上をカバーアップしたのでしょう。

タイ人彫師が手がけたということでしたが、

この処理には頭を抱えました。。。

ご本人曰く、

「龍でも鯉でも虎でも何でもいい!

とにかくなんとかしてくれ。」

何度もタイのスタジオで

カバーアップの下絵を頼んだそうですが、

しっくり来なかったそうです。

 

初めに見た時、

サイズを大きくせずにカバーアップするのは

自分にも無理だと感じました。

ですが「日本人の彫師なら

なんとかしてくれる!」

そんな思いを切実に感じまして、

もうできないとは言えませんよね?

とにかく何とかしてあげたいと

仕事を受けさせていただきました^^;

 

時間はたっぷり頂いてましたので、

施術の合間にたくさん描きました。

とにかく描いたなぁ。

 

カバーアップタトゥー下絵 鯉

サイズを大きく出来ない以上、

元のタトゥーを隠しきれないのは仕方ありません。

彫られていない肌の部分をどう使うか?

難しかったです(笑)

 

 

幸い下絵は一発で気に入っていただき、

バンコクでの施術一日め。

 

カバーアップタトゥー鯉

彫りたては新しい黒が元絵の黒に

勝っているのですが、

肌に馴染んでくるとこのコントラストも下がります。

そこがカバーアップの難しいところでして、

さらに下の鯉との色合わせも行いたいところ。

 

5日後、2回目の施術です。

鯉のかさぶたも剥がれてきて、

順調に治ってきてますね。

仕事を気に入っていただき、

元の鯉の色合わせ、一体感が出るような背景も欲しい

との追加リクエスト。

 

カバーアップタトゥー鯉

色・ぼかしの突き直し、腰近くまでの背景足し…。

数カ所を除き、ほぼ全部彫り直ししました。

 

 

イチから自分が仕上げた作品とは言えませんが、

それはさておき、

堂々を上半身裸になっても恥ずかしくないように

彫らせていただいたつもり。

 

通訳をはさんでのやりとりでしたが、

やっぱり喜んでもらえると嬉しいですね。

 

 

本来あってはならないのですが、

気に入らない…とか消したい…とか。

そういうご要望があるもの事実。

カバーアップについては

彫師10人いれば、それぞれ違う下絵になる。

あきらめず、身近な彫師やスタジオに

聞いてみるのが良いですね。

 

 

今日はD難度のカバーアップ、

ご紹介させていただきましたm(_ _)m

 

 

 


No Comments

Post a Comment

CAPTCHA