タトゥーの色について、5つのマメ知識


KANです。

今日はタトゥーの色についての豆知識を

ご紹介しようと思います。

 

 

【色は何種類あるの?】

インクは各メーカー50〜70種類くらい

ラインナップされています。

様々な中間色もリリースされていますし、

今はイイ時代になりました。

絵の具と同じように混ぜて色を作ることが出来ますので、

無限と言って良いと思います。

色鉛筆のような金色銀色はありませんが、

タトゥーとして代替色を使い、表現することは可能です。

 

 

【治ると色がくすむ?】

タトゥーが治ると、表皮が再生されますので、

その分、彫りたてよりも発色が落ちるのは否めません。

 

↓こちら施術直後の状態。

bluetattoo1

 

↓2週間ほど経った状態です。

bluetattoo2

彫りたての鮮やかさが若干ひいているのが

お分かりいただけるかと思います。

経験から申しますと、年数と共に発色も落ち着いてきます。

ただ退色して色が無くなってしまうことは、まずありません。

地黒または日焼けした方より、色白の方のほうが発色が良い。

欧米人のタトゥーが鮮やかなのも、納得ですね。

 

 

【色選びに迷ったら?】

色で迷う方、やはり多いです。

↓これは色相環と言いまして、色を波長順に円環にしたもの。

beauty3_17img_06

隣同士の色を選べば、全体的にまとまった色合いになりますし、

反対色の組み合わせは、コントラストが効いたインパクトある配色になる。

 

↓これは胴と翼は反対色、翼2段は近隣色という組み合わせですね。

color-houou

 

↓色相環でみると三角形の色のスワロー。

colortattoo-swallow

色の組み合わせやグラデーションまでは

お客さん自身で決められないですよね?

じゃあどうするか?

彫師からオススメする場合もあるのですが、

ご自身で決めていただきたいのは、まず「主色」。

「ピンク系」「ブルー系」などなど。

例えば「薔薇と蝶のタトゥー」なら、

どちらか優先したいモチーフの色を決めると

それに合わせた色の提案ができます^^。

どこのスタジオでも彫師がしっかりと

アドバイスしてくれると思います。

 

 

【インクの成分は何?】

色の粒子である顔料にアルコールと精製水、

さらにグリセリンを混ぜたものです。

特に外国人のお客さんはインクにも敏感でして、

「中国製はやめてくれ」とか「このメーカーは使っているのか」とか

しっかりと言ってきます。

ストローカーでは中国製インクは使いません。

成分を公表している欧米メーカーのものを使用しています。

詳しくは過去ブログを>>こちら

実はメーカー推奨の使用期限というもあるのですよ。

おろそかにできない点です。

 

 

【渋いカラーある?】

カラーにしようか、ぼかし(ブラック&グレイ)にしようか

迷う方って、意外と多いです。

ブラック&グレイの渋さは捨てがたい。

けどカラータトゥーにも挑戦してみたい。

そんなところでしょうか^^

先程お話したとおり、色は無限。

希望に合わせて作ることが出来ます。

skull-tattoo

黒を効かせることで、明度を抑えた色合いも可能。

赤だってグッと渋くなります。

grotesque-tattoo

また、インクを精製水で薄めて、

淡めに仕上げるということも出来ます。

このへんのサジ加減は、お客さんとの打ち合わせで

どの手法を使うかを決めることが多いです。

 

イメージと違ったとか、

色が気に入らないとか、、、

事前のしっかりとした打ち合わせと

彫師の最低限の技量があれば、

納得できるタトゥーが仕上がると思うのです。

一生モノであるがゆえに妥協せずに挑みたいですよね。

そのためにも知っておくことって

結構大事だったりします^^。

 

 

素晴らしいタトゥーに出会えますように☆

 

 


3 Comments
  • 斎藤美香

    お返事ありがとうございます!
    参考にさせていただきます!

    2016年7月27日 at 20:24
  • 斎藤美香

    急なコメント失礼いたします!
    カラーのことで質問なのですが、当日にモチーフの全体の色を変更することは可能でしょうか?
    (たとえば、バラの赤色をもう少し違う色にしたい、など)

    お応えいただけると嬉しいです(>_<)

    2016年7月27日 at 18:41

Post a Comment

CAPTCHA