リスカ跡の上にタトゥーは彫れるのか?


KANです。

 

 

『Scars Behind Beauty(美しさの陰にある傷痕)』

 

アイルランドの彫師Ryan Kellyが

自傷跡を持つ人々を助けるために

始めたプロジェクトで、

毎週土曜日に無料で

心の健康障害を克服した依頼者の

自傷痕の残る肌にタトゥーを施しているそうです。

 

そもそも自傷跡の上にタトゥーは彫れるのか?

 

結論から申しますと、彫ることができます。

ただ傷の深さや皮膚の状態によっては

綺麗に仕上がらないケースもある。

 

 

こちらのお客さん、

これらの傷をカバーアップしてほしいとのご依頼。

 

リストカット 隠す タトゥー

手首からヒジの間にある傷。

彫師からすると

タトゥーでカバーアップすると

傷よりもっと目立ってしまう。

だったら今の状態のほうが目立たないじゃないか。

そう思って色々お話させていただいたのですが、

「可能な限り見えなくして欲しい。」

そういうお話でした。

 

 

 

モチーフはアヌビス神。

 

リストカット 隠す タトゥー

↑施術直後の画像は以前のブログに

ご紹介させていただきましたね。

こちらがちょうど2ヶ月後の状態です↓

 

リストカット 隠す タトゥー

まだ隠しきれていない部分に背景をプラスし、

完成となりました。

心配していた色抜けも少なく、ひと安心。。。

 

 

こういったカバーアップを彫る場合、

いくつかの注意点があります。

 

1)傷が完治していなければなりません。

2)傷の上の筋彫りはガタついたり、滲んだりします。

3)ぼかしや色が、薄くなったり濃くなったりします。

 

下画像はクリックで大きく見られます。

 

リストカット 隠す タトゥー

よ〜く見ればわかりますが、

ぱっと見は気にならない状態にまで

仕上げることが可能というのが

おわかりいただけると思います^^

 

 

ネット上では、

傷をタトゥーで隠すなんて,,,と

批判的な意見が多いですが、

海外では

過去の象徴である傷痕の上に

美しい絵を乗せることで救われたと、

そういうポジティブな考え方もあるんです。

 

↓ブログ上段のプロジェクト記事はこちら

『Scars Behind Beauty』

 

 

現時点では

彼のように無料というわけではありませんので、

たいへん恐縮ですが(汗)

傷のカバーアップについても

通常の料金にて承っております。

傷の程度、隠したいサイズや柄など、

好みもあるかと思いますので、

遠慮なくお問い合わせいただければと思います^^。

 

 

 


No Comments

Post a Comment

CAPTCHA