バンコクタトゥースタジオ舞台裏①


KANです。

 

15日夕方にバンコクに入り、今日で6日め。

設営などが無い分、

肉体的にはかなり楽です。

 

今回の主な任務は人探し。

スタジオを日々管理してくれるタイ人、

できれば一緒に仕事ができる彫師も

見つかればいいなぁと。

並行してワークパーミットという労働許可を取り、

ビザの更新申請…etcと

やることが盛り沢山であります。

 

バンコクタトゥーショップ、ストローカータトゥーバンコク

 

 

せっかくなので、バンコクに来てみて

感じたことをお話ししようと思います。

 

 

①物価は?

様々なタイ情報サイトで書いてある通り

食費は結構安く済みます。

屋台やフードコートで食べるタイ料理は

150円〜300円くらいかな。

ただ日本食店や外国人が集まるレストランでは

日本とさほど変わりません(汗)。

たとえば牛丼のすき家。

並盛りセットだと155バーツだから540円くらい。

 

バンコクすき家

ビールとかペットボトルの水なんかはね、

とても安くて助かります。

ただ生活レベルの格差がすさまじく、

富裕層もウジャウジャいます。

店舗に必要な家具や機材、消耗品、

もしかしたら日本の方が安いと思う物も。

正直なところ、昔ほど物価は安いと感じません。

 

 

②店舗賃料

実際に足を運び20軒以上は見てきたけど、

便利な物件、外国人が好みそうな物件は、

値段もそれなり。

タトゥースタジオとして使える

安い店舗で10万円前後、

高い店舗だと30万円超といった感じ。

電気代も安くないです、

大家がマージン抜きますんで(笑)。。。

 

 

③タトゥー

外国人も多く、軽装な人が多いので

タトゥーは本当によく目にします。

サクヤンという護符的なタトゥーしかり、

洋彫りはもちろん、ちょっと変な和彫りも,,,。

郊外にスタジオを持つタイ人彫師に聞くと

手のサイズ(指含む)で5,000バーツ(17,000円)くらいだと。

外国人が多いエリアだと

1時間当たり6,000円〜10,000円くらい。

タイ人価格/外国人価格というのが当たり前にある国だから

一概には言えませんが、

個人的な印象として値段については、

総じて日本より安いかもしれませんね^^。

 

 

 

日本って本当にいい国なんだなぁと

改めて思ってます。

物価は安いし、飯は美味い。

街にゴミは無いし、安全。

 

 

異国で一人、さぞ楽しんでいるのでは?

そう思う人もいるかもしれませんが、

観光じゃありませんので、

そこは切り替えて頑張っておりやす。

 

裏話もあるのですが、

長くなりそうなので、今日はこのへんで^^。

 

1月後半もどうぞよろしくお願いいたします(_ _)

 


No Comments

Post a Comment

CAPTCHA